スイーツもいっしょ♪

「甘い物が好きなんだニャ・・・。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第45回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 後編

昨日の続き~。

・熊本県 九州横断特急/八代駅、新八代駅
「天草大王地鶏めし」¥1,050
【名称】天草大王地鶏めし
【原材料名】米(国内産)、鶏肉(国内産)、ゴボウ、玉子焼、菜の花、にんじん、
うぐいす豆、さくら大根、椎茸、醤油、酢、調味料(アミノ酸等)、酸味料、
着色料(赤106、黄4、青1)、
(原材料の一部に小麦を含む)
【販売者】有限会社みなみの風
【製造者】合資会社頼藤商店

20100113015.jpg

わが国最大級の地鶏で肥後五鶏の一種“天草大王”を使用したお弁当で、
天草大王のガラスープで炊いたかしわめしの上に、
塩ダレ味の胸身としょうゆ味の刻み肉をのせたものです。

20100113016.jpg

基本のかしわめしは見た目ほど味が濃くなく鶏肉と相性がいい感じで、
しょうゆ味で濃い目に味付けされたごぼうと鶏肉と相まって美味しいんだけど、
塩ダレ味の胸肉は個人的には味気なくちょっと物足りない感じでした。

・福島県 東北新幹線/郡山駅
「秘伝 豚肉の女将漬辯當」¥1,000
【名称】女将漬弁当(豚焼肉のせ弁当)
【原材料名】白飯、豚肉、煮物(たけのこ、人参、ごぼう)、錦糸玉子、梅どうふ、
山ごぼう、大葉、調味料(アミノ酸等)、酢酸Na、グリシン、酸味料、甘味料(ステビア)、
着色料(紅麹、黄4、黄5、赤102、赤106)、香料、、
(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
【製造者】株式会社福豆屋

20100113017.jpg

醸酵学者・小泉教授のおすすめ辯當で、
老舗料亭の女将が秘伝のタレで漬け込んだ豚肉の女将漬を、
福豆屋が丁寧に焼き上げて駅弁に仕立てたものです。

20100113018.jpg

いわゆる一般的な豚の味噌漬けみたいな感じの味で、
個人的にはもうちょっと甘めに味付けをして欲しかったところかも。

・岡山県 山陽本線/岡山駅
「ままかり鮨」¥700
【名称】まんま借り借り ままかり鮨
【原材料名】酢飯、ままかり酢漬、大根甘酢漬、ふき佃煮、醤油、
(原材料の一部に小麦、乳成分を含む)
【添加物】pH調整剤、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、
保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)、
増粘剤(キサンタン)、リン酸塩(Na)、漂白剤(亜硫酸塩)、
着色料(カラメル)
【製造者】株式会社三好野本店

20100113013.jpg

10センチ足らずのイワシに似た魚のままかりを酢漬けにして、
大根甘酢漬といっしょに酢飯の上に乗せたものです。

20100113014.jpg

これは自分は食べていないのですが、
相方曰く美味しかったそうです。

スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。